top of page

カッピング研修、コーヒー豆選定の検討会を行いました。

カッピング(cupping)とはコーヒーにおける原料の味覚の評価、つまり「テイスティング」のことです。

スプーンでコーヒーをすくい、それを勢いよくすすりながらテイスティングをします。

すすりながらテイスティングをする事で嗅覚と味覚の両面からの印象、アロマを感じとり、そのコーヒーの素材としての評価を行います。

 特に近年主流のスペシャルティグレードのコーヒーは『フレーバー』といってそれぞれの産地固有の風味特性があるため、コーヒー豆のクオリティを正確に感じ取る必要があります。


 カッピングの技術を高めることで珈琲豆の品質、特性を確認し新しい珈琲豆の選定や、新しいブレンドの開発に活かします。

またコーヒーの原料としての品質や焙煎のクオリティを見極めるため日々カッピングを行います。


カッピング用に準備された多くのコーヒーラインナップ

カッピングを行う岡山珈琲館の焙煎士

閲覧数:54回

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page